千鳥足の千鳥ってなに?
早いもので、もう4月。ようやくあたたかくなってきましたね!
夜になれば新年会や歓迎会で、ちょっと飲みすぎてしまった「千鳥足」の人も見かけます。

ところで、この「千鳥足」って、一体なんのことなのでしょう?

シロチドリ
By Bogbumper [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

チドリは小鳥のなかまで、日本でも川や湖などの水辺でよく見られます。
脚の親指にあたる骨が退化していて、他の鳥とはちょっと違う歩き方をします。
なんと千鳥、右足と左足を同じ直線上に踏み出す、モデルウォーキングなんです!



なるほど、さすがモデルウォーク!(>_<)
スズメなどは両足で跳びはねて前進しますが、チドリはなかなかスマートに歩いている気がします。
……でも、あれっ? これが「千鳥足」なんでしょうか?

コチドリ
By Alpsdake [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

実は子育て中のチドリは、ヒナのいる巣に外敵が近づいたとき、傷ついたふり(擬傷)をして外敵の気をひき、ヒナから遠ざける行動をとります。その羽を広げて左右にジグザグとふらつく姿が、「千鳥足」なんです!



なるほど~たしかに千鳥足!
みなさんも飲みすぎには気を付けてくださいね。




ちなみに、マフラーや洋服などでもおなじみの「千鳥格子」。
千鳥が連なって飛んでいるように見えるからそのように呼ばれているようですが、もとは英国発祥の模様。
現地では、ハウンドトゥース・チェック。つまり「猟犬の牙」のチェックと呼ばれているとのことでした!



[その他の鳥類の記事]

[人気の記事]

[参考文献等]






青い汗をかく生き物
カモシカは短足で大根足」というちょっとびっくりな記事を先日書きましたが、まだまだそれだけでは終わりません。

実は、カモシカの汗は青いんです! そのため、マタギの間では、「アオ」と呼ばれているそうです。

アオ
By Ken Ishigaki [CC BY 2.0], via flickr

もう一つ、「アオの寒立ち」という言葉があります。
寒い冬の日、彼らは崖に立ってあたりを見渡すように、何時間もじーっと突っ立っていることがあります。
なんだか山の神様のようで神秘的な気もしますね。

アオの寒立ち
By Jdombrow [CC BY 3.0], via Wikipedia

一説によると、彼らはウシのなかまなので、反芻(消化のために、一度飲み込んだものをもう一度かみ直すこと)をしているところだそうです。
ウシは横たわってゆっくり休みながら反芻をするのですが、崖や雪山に住む彼らは寝転がるスペースがないため、立ち尽くしているのではないかとか、、、


ニホンカモシカ
By Tomoaki Kato [CC BY-NC 2.0], via flickr


汗の色といえば! よかったら、「カバはピンクの汗をかく!?」の記事もお読みください☆



[その他のウシの記事]

[人気の記事]

[参考文献等]






サンゴはなぜ動物なの?
美ら海水族館

先日沖縄の美ら海水族館に遊びにいってきたのですが、びっくりな話を教えてもらいました!
みなさん、サンゴは動物だって、ご存知でしたか!?

サンゴ
By Toby Hudson [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

彼らは卵から生まれ、数日間はプランクトンとして海の中を泳いで暮らします。
そしていい感じの海底を探し、そこに「着底」、つまりこれから「サンゴ」になる場所を決めるのです。
産まれてから一週間程度だけですが、サンゴも泳いで動くことができるんですね♪

海底にくっついてからは、海中のカルシウムを取り込んで、いわゆる私たちの知っているサンゴとなる骨を作り始めます。
そして、自分のクローンをどんどん作って増殖していきます!

サンゴの骨


これはサンゴの骨ですが、この骨の小さい穴の中それぞれに、1つのサンゴ(ポリプ)が住んでいました。
私たちが見ているサンゴは、サンゴの「群体」です。

サンゴは動物なので、食事をしたり、排泄をしたり、産卵をしたりします。
また、褐虫藻という植物性プランクトンを体の中に育てている種類もいます。

サンゴ礁
By Greg Goebel [CC BY-SA 2.0], via flickr

ちなみにイソギンチャクと珊瑚は同じ仲間で、違いは骨があるかないかだけだそうです。

世界は不思議な生き物がいっぱいですね!



[参考文献等]