シルバーバックのナックルウォーキング
霊長類最大のゴリラ。
メスの2倍もの体重になる大人のオスゴリラは、背中からおしりにかけての毛が銀色になるので「シルバーバック」と呼ばれます。

ゴリラ
By Mila Zinkova [CC BY-SA 3.0], via wikipedia

また、ご覧の通り後頭部が高く盛り上がっています。
これは大きく発達した側頭筋(物を噛むための筋肉)を支えるために、頭蓋骨が隆起したものです。

このシルバーバックが数頭のメスとその子供たちを従えて、絆の固い群れを作ります。
威厳たっぷりで、かっこいいですね。(^-^)

その風貌からか、凶暴なイメージを持たれがちですが、実はゴリラはとっても穏やかで心優しい動物です。
よくおなかを壊したり、ストレスで体調を崩して死んでしまったり、見かけによらずとても繊細な面があります。

ところでこのゴリラ、こぶしで地面をついて歩く、「ナックルウォーキング」と呼ばれる歩き方をします。
歩き方までかっこいい!!(>_<)

ゴリラのナックルウォーキング
By leamaimone [CC BY-NC-SA 2.0], via flickr

ちなみにゴリラの握力は、なんと500kg以上もあるといわれています!



[その他のゴリラの記事]

[人気の記事]

[参考文献等]






ゴリラは本当はこぶしで胸をたたかない

嘘だらけの世界一小さい哺乳類