砂漠に住む、フサフサすぎる動物
モンゴルのゴビ砂漠に住むフタコブラクダ。

ラクダ
By Jerrold Bennett [CC BY-NC-ND 2.0], via flickr

身体はガリッとしていますが、50㎏近くもの脂肪を2つのコブに蓄えられるため、
10日近くも飲まず食わずでいられる不思議な動物です。

彼らが「一度に130リットルもの水を飲むことができる」という驚きの記事は先日書いたものですが、
ラクダは「砂漠の船」とも呼ばれるほど、とにかく砂漠に最大限適応した、とってもすごい動物なのです。

そんなラクダの、信じられない冬の装いがコチラ!

ラクダ
By J. Patrick Fischer [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

すっごい冬毛です!
ちょっともこもこ過ぎやしませんか?
砂漠でそんなに毛むくじゃらで、暑くないのでしょうか!?

ラクダ
Human Planet [Blu-ray]

実は彼らの住むゴビ砂漠は、夏は45度を超える灼熱地獄ですが、
冬は氷点下40度近くまで下がる厳冬の地なのです。

ラクダ

たしかにマイナス40度の世界であれば、これだけもこもこでちょうどいいのかもしれません。。。

ラクダ

ちなみに、春先に日本にも届く「黄砂の砂」は、ゴビ砂漠から届いているそうです!
(はっ、動物ネタじゃなくなってしまった…!)




[参考文献等]






ラクダは口から胃袋を出す!?
ラクダ
By Archaeobobalist [CC BY-NC-ND 2.0], via flickr

飲んだ水を血液の中にためられる、乾燥に強いラクダの記事を先日書きましたが、
今回はそんなラクダのさらにびっくりな習性についてです。


ラクダのオスは、発情期やケンカなど極度に興奮した時に、
なんと口から白い泡とピンクの内臓のようなものを吐き出すことがあります。

ちょっとキモチワルイんですが、、、これって一体なんでしょう? (-_-;)

ラクダ
By fPat [CC BY 2.0], via flickr

これは胃袋だ!という意見もよく聞きますが、それは違います。
実はこれ、「口蓋」という喉の奥の柔らかい部分を膨らませているのです。

実際にブクブク言いながら膨らませているところはコチラ!



う~ん、実際に見てみたいような、あまり見たくはないような。。


ラクダ
By CharlesFred [CC BY-NC-SA 2.0], via flickr



[参考文献等]






一度に130リットルもの水を飲む動物
さて、突然ですが、問題です。
これは一体誰でしょう!

ラクダの膝
By mtsofan [CC BY-NC-SA 2.0], via flickr

ヒント1。硬くて分厚い皮膚の膝。
断熱性に優れ、熱せられた砂地に座ったときに身体に熱が伝わるのを防ぎます。

ラクダの足
By Mink [CC BY-NC-SA 2.0], via flickr

ヒント2。ひづめの退化した平べったい足。
足の裏の脂肪のパッドがクッションのように発達し、砂に埋もれることを防ぎます。

ラクダのまつげ
By bgrimmni [CC BY 2.0], via flickr

ヒント3。長くてバサバサの二列のまつげ。
砂やホコリから瞳を守ります。

ラクダの鼻の穴

ヒント4。開閉自由な鼻の穴。
砂嵐のときは閉じてしまいます。

ラクダ

ヒント5。脂肪を蓄えた背中のこぶ。
このこぶは断熱効果もあり、直射日光による体温の上昇を防ぎます。

さて、もうおわかりでしょうか。

正解は、ラクダ、です!!

ラクダ
By Jjron [CC BY-SA 3.0 or GNU], via wikipedia

ラクダは砂漠の暮らしに適応した動物です。

のどの渇いたヒトコブラクダは一度に130リットルもの水を飲むことができますが、その後は数日間一滴も水を飲まずに、160kmもの長距離を移動することが可能です。

飲んだ水をどこかにためておくのでしょうか。

胃の中? こぶの中? いいえ、違います。

ラクダは飲んだ水を、血液中に吸収するのです!

普通の動物の血液がそんなに薄まると死んでしまいますが、ラクダは赤血球が特殊な構造をしているため、大量の水分を血液内にためておくことができます。

また、ラクダの赤血球は普通の動物と違い、楕円形をしています。
これは、長期に渡って水分を摂取せず、血液の濃度が通常より高くなったときでも、細い血管内をスムーズに流れることができるためと考えられています。




[参考文献等]